技能実習生制度

制度概要

外国人技能実習制度は、1960年代後半頃から海外の現地法人などの社員教育として行われていた研修制度が評価され、これを原型として1993年に制度化されたものです。

技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識(以下「技能等」という。)の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。
制度の目的・趣旨は
1993年に技能実習制度が創設されて以来終始一貫している考え方であり、技能実習法には、基本理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法第3条第2項)と記されています。

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます。

 

実習生受入れ流れ

お申込みから企業配属まで約6ヶ月

 

 

 

① お問い合わせ~相談

・まず、お気軽にお問い合わせください

「外国人」を雇うメリットやデメリットも含め、どんな些細な疑問にも出来る限りお答えいたします。

・技能実習生制度、募集方法や手続きなどをご相談いたします。

・ご要望ありましたら、現地視察をご案内いたします。

 

 

② お申込み~契約・求人

・お申込み受付後、すぐに、現地面接実施に向けて良好な生徒の書類選考などを行い、求人数の2~3倍になるよう候補者を選抜いたします。

 

③ 現地面接(1ヶ月目)

面接を受ける候補者は日本で真面目に実習できる若者のみです。

連携する「ひので国際教育および貿易株式会社」と言う日本語学校で面接を行い、面接を受ける生徒は、2~3ヶ月しっかり教育を受けた生徒のみです。規則を守り、授業態度も真面目で、日本語能力に問題ないと評判した生徒だけです。

面接時の頭数を揃えるために、性格や能力が分からない生徒を面接に臨ませる事はしません。

それが本人のためであると信じているからです。

ご要望に応じて、集団面接、個別面接、筆記試験、実技試験を行います。

 

【面接風景-1】

 

 

【面接風景-2】

 

 

【実技試験風景】

 

 

【合格者発表】

 

 

④ 現地日本語学習(3~4ヶ月)

面接合格後、引き続き最低3ヶ月間日本語の応用を学び、最低6ヶ月間の学習でN4レベルに到達します。(N4レベルとは基本的は語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができる。また、日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる能力です。)

 

【授業風景-1】

 

【授業風景-2】

 

 

単に日本語だけでなく、時間厳守ゴミの分別をはじめとしての二歩の生活習慣や文化についての基礎知識も身に付けます。

「ひので」日本語学校は日本語教育が技能実習の第一歩であると考え、スムーズに日本での実習をスタートできるよう全力で教育を行います。

キャンセルについて厳しく対処します

 

【規則育成風景】

 

 

【掃除風景】

 

 

【食堂にて共同朝食風景】

 

 

【朝礼風景】

 

面接合格後に、やる気をなくし、勉学に励まなかったっり、規則を破り、不真面目になる生徒が稀にいます。その場合は、即座にご連絡を入れ、報告いたします。

ご了解をいただければ、キャンセルとさせていただき、代わりに補欠の生徒を繰り上げます。誠に恐れ入りますが、ご理解とご協力を賜りますようにお願いいたします。

 

⑤ 技能実習計画の作成と現地の状況確認

・技能実習計画作成していただき、外国人技能実習機構の認可申請

・技能実習生の日本語学習様子、成績、良いところ、悪いところなどを月単位でまとめて、ご報告いたします。

 

⑥ 入国向け在留認定許可申請(2~3ヶ月)

・外国人技能実習機構や入国管理局へ技能実習計画書や在留資格認定及びビザの申請等を行います。

 

 

⑦ 日本入国

入国させる生徒は、日本語能力及び授業態度に問題がなく、日本で真面目に実習できると判断した生徒のみです。

 

⑧ 集合講習(1ヶ月)

・日本語及び日本文化・習慣等を集中的に講習。

・日本の環境で、生活しながら語学や生活習慣を改めて学び、更には地元の消防署や警察署と協力し、火災訓練や交通ルールの講習なども行います。この1ヶ月で技能実習生達はこれから日本で暮らしていく中で思わぬトラブルに巻

 

き込まれないように様々な知識を身に付けます。

 

 

⑨ 配属・技能実習開始(5~6ヶ月目)

1ヶ月の講習を経て、企業様に配属となります。配属後、組合でもしっかりとしたサポートを進めてまいりますので、企業様におかれましてもしっかりとした指導も宜しくお願いいたします。

 

 

 

連携する「ひので国際教育及び貿易株式会社」の強み http://www.hinode-intl.vn/ja

   生徒全員が寮生であり語学と生活習慣を集中的に学ぶことができます。

   日本の社会にすぐ馴染めるよう校内の規則は厳しく設定し、規則を守る意識を育てます。

   技能実習生としての面接に合格した生徒に、実習実施企業様独自の用語教育や、安全衛生等の教育を事前に行う事ができます。

   日本にも窓口があり、様々なご要望・ご相談に迅速に対応致します。

   日本人が常駐しており、現地のご見学も日本人がご案内いたします。

   日本で就業、生活する事を主眼に置いた授業を行っています。

   使える言葉を学ぶための、オリジナルの教材を多用しています。

   授業は80%以上日本語を使い、対話重視で行っています。

   CDやDVDを多用し、日本人の発音に慣れる環境を作っています。

   聴解と会話の試験をほぼ毎日行い、対話力の向上を確認しています。

   ベトナム人教師に対して日本人教師が毎日レッスンを行っています。

   自習時間も日本人教師が、勉強のサポートをしています

 

 

 

【校内文化掲示板】

 

受入れ可能人数

受入れ可能人数とは、企業様の常勤職員数により1年間に受入れることができる技能実習生1号(1年目の技能実習生の資格)の人数です。

 

 受入れ企業の常勤職員数

 技能実習生1号の受入人数枠

 301人以上

 常勤職員の5%以内

 201人~300人

 15人以内

 101~200人

 10人以内

 51~100人

 6人以内

 50人以下

 5人以内

 40人以下

 4人以内

 30人以下

 3人以内

 

例:従業員30人の企業様が技能実習生の受入れを行う場合

 

1年間最大3人の技能実習生を受入れることが可能で、2年目には更に3人

3年目には、また、更に3人の受入れが可能となります。この枠を最大限活用した場合、下図のように、3年間9人までの受入れが可能となります。これは受入れ開始して3年後以降常に9人の技能実習生が活躍することとなります。